看護師 給料

看護師のキャリアアップ例<看護師 給料@Mint>

看護師のキャリアアップ例

看護師が診療放射線技師の資格を取得することで活躍の場が広がります。また、転職でも有利になり、収入も一般の看護師より高くなります。放射線技師になった場合、病院や診療所などの医療機関で放射線を扱うことができます。主な仕事は、CTやX線撮影などを使った診療です。放射線技師の資格を取得するには、大学を卒業後、指定の養成所等で3年以上の講習を受けた場合、もしくは外国の専門学校や養成所を卒業した場合、国家試験に受験することができます。試験内容は、医学の基礎、放射線に関する知識、検査学や計測学、安全管理、医療画像情報学について出題されます。

 

放射線技師の仕事は、CTやX線撮影などを使った診療のほか、放射線治療や血管撮影、また、MRIや超音波検査まで担当します。実務経験を経た後は、さらに磁気共鳴専門技術者や超音波検査士などに、キャリアアップすることも可能なのです。

 

次に、看護師のキャリアアップのひとつに、臨床検査技師があります。臨床検査技師は国家資格であり、臨床検査を行う専門家です。臨床検査とは、「細胞検査、血液検査、微生物検査、衛生検査、内視鏡検査」などで、医療現場で広く活躍することができます。かつては医師と看護師がこれらの業務を分担して行ってきましたが、医療水準が向上したため、臨床検査の専門家が必要とされました。ちなみに、看護師免許の無い臨床検査技師が看護師資格を得てキャリアアップすると言う逆のパターンも少なからずあります。それだけ、臨床検査技師の仕事は看護師業務と密接な関係にあるといえます。

 

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ