看護師 給料

看護師転職の面接について<看護師 給料@Mint>

看護師転職の面接について

看護師が行う看護業務には、コミュニケーション能力が大切であるといわれています。そのため、面接をするときも、簡潔にわかりやすく受け応えができているのかなども審査されます。それでは、面接官からどういった質問がされるのか、以下に紹介します。

 

看護師が転職をする際に、面接の場面で、これらの代表的な質問がされます。「退職理由」「転職先にここを選んだ理由」また、「看護師になった理由」「看護師として常日頃大切だと考えていること」「今までの経験から学んだこと」「自分の長所と短所」といった内容です。前職で何をしたのか、またはどういうスタンスで仕事に接していたのかなど質問をされることは多いです。また、新しい職場で何がしたいか、どのようにしてキャリアを得るのかといったことも質問されます。

 

そのような質問に対して、どのように答えたらよいのでしょうか。答える内容はそれぞれ異なりますので、あらかじめ用意しておきましょう。あまり脚色をすると、あとでつじつまが合わなくなり、すぐに見透かされてしまいます。なるべく、等身大の自分を表現して答えたほうがいいでしょう。答え方は、だらだらと話すのではなく、簡潔に答えましょう。くどくどと話さず、明瞭にポイントだけを話すように努めましょう。また、発言内容は、積極的な姿勢が窺い知れるものでなければなりません。「シフトが辛くて辞めました」とか「人間関係がうまくいかなかった」などの不満や愚痴は避け、消極的な答えにならないようにしましょう。新しい職場でも、消極的になると判断されてしまいます。


ホーム RSS購読 サイトマップ